Ustream生放送に、遠隔地からの中継を入れてみた

 カテゴリ:

ウチの事務所と、八戸市の舘鼻岸壁をつなげて、スタジオ生放送から中継班を呼び出すというヘンなことをしてたのでさらしておきます。

ども、studio mdこと小坂です。ウチの事務所(トライポッドスタジオのUstream放送ブース)と、八戸市の「舘鼻岸壁(たてはながんぺき)」をつなげて、スタジオの生放送から「中継班」を呼び出すというヘンなことをしたので、ちょっとさらしておきます。


動画のパーマリンク:実験!移動Ust湊編
回線がちょっと不安定なのはいたしかたなく...

放送ブースから中継班の生中継を呼び出す

Ustreamで2元中継する
漁港スーパーとグレットタワーから生中継

こんな感じで中継先を呼び出してみました。中継先はイーモバも光ポータブルも速度がイマイチだったのですが、万が一回線が切れてもすぐにスタジオ放送(こっちは有線LAN)に戻せるので、放送全体がブッツリ止まってしまうことはなく、なかなか良いのではないかと。

秘密兵器:kPad

以前から「遠隔地のPCが苦手なひとを、どうやってUstreamの生放送に登場させるか」と悩んでいたのですが、そんなもんラジオみたいに「電話出演」してもらえばよいわけで、ばたばたと作ったのがコレ。

Ustream生放送に電話の音声を乗せる「kPad」

ちなみに、小坂が作ったので「kPad」という名称がついております。ええ、段ボールがアマゾンで、iPadのケースみたいに閉じられるのは、ネタ以外のなにものでもありません(笑)

これさえあれば!

うちのUstreamに「電話」で生出演可能!

出演者はPC不要!ええここは田舎です。PC普及率低いんです。インターネット普及率も低いんです。でも、電話なら普及しています。

動画をみていただければわかるのですが、小坂のiPhoneからさくらちゃんのiPhoneを呼び出して、その会話を放送に乗せています。フツーに電話するだけです。ラジオでよくある感じですかね。

詳しくは録画した動画:実験!移動Ust湊編をごらんください。