iPadはデジタルデバイドを救う?

 カテゴリ:

うちの母親はパソコンが使えません。使えないのに、ネットにレシピや格安情報があることは知っていて、アレを調べてくれとかコレに申し込んでくれとか、まぁ喧しいわけです。

うちの母親はパソコンが使えません。使えないのに、ネットにレシピや格安情報があることは知っていて、アレを調べてくれとかコレに申し込んでくれとか、まぁ喧しいわけです。

あまりにもうるさいので、ネットブックとかを買ってあげようかと思ったのですが、そんなことをしたら、今度はどうなるでしょう?

「パソコンわからないからやってちょーだい」とか「あー遅くてダメだからアンタやってちょうだい」とか宣うのです。ハイ読めてます、こっちの手間が増えるだけなのです。だから買わないのです。

そもそも「パソコン」がわからない人たち

うちの母は、インターネットがどうのこうのというより、パソコンがわからないのです。パソコンは使えなくても、インターネットの便利さは知っている。なかなかのやっかいものです。

ためしにiPod Touchを使ってもらいまして、わりとイイ線いったのですが、こんどは「字がコマすぎて見えん」と言い出しまして。いやはや。

例えばマルチタスク

うちの母親からすれば「は?」ぐらいのもので、少なくともうちの母親には理解できない。シングルタスクで足りる人もいる。この辺すぐにでも対応できるのにあえてしない(?)アップルって、地に足がついている感じがします。

カメラ

あの筐体を構えて「なにかを撮影する」シチュエーションって、想像しただけで恥ずかしい。ケータイで撮ればいいじゃん。だから聞かれるんだろうな、「わたしのケータイで取った写真をiPadに入れるにはにどうすんの?」

いまのMacにはすべてカメラが付いてますよね。アレ、どれだけ使います?僕はほとんど使わないですね...1号機にそれが付いてなくても、あまり不思議ではないです。

Flash

ハッキリいっちゃっていい?レガシーかも(言い過ぎ?)。まるでフロッピーディスクみたいな。トレンドはCMSやSaasだとしたら、Adobeの持ち駒はゼロ。「定番」は持っていても、「未来」を持っていない企業。僕が投資家だったら、絶対Adobeに投資しないなぁ。

パソコンはもっとやさしくなれる

デジタルデバイド層にアプローチできる商品があったかと聞かれれば「ない」としか言いようがないです。ネットブックですら「パソコン」です。パソコンがパソコンである以上、もうそこからは広がらない。

パソコンじゃない「簡単なもの」が欲しい

それに対する解のひとつが、iPadじゃないですかね...