麺屋「やだら」

 カテゴリ: 

八戸市の美味しいラーメン屋さんは博多屋、家系家のわずか2件。このたび3件目の「md的、八戸の美味しいラーメン屋さん」ができたかも。それが「麺屋やだら」です。

八戸の美味しいラーメン屋は非常に限られます。というか、mdは通称「しなそば」があまり好きではないので、売り込み中の「八戸ラーメン」が自動時に好きではないのです。

八戸ラーメンのダメなところ

ダメだしなんてしたくはないのですが、

よく県外や津軽の方に「八戸ラーメンはマズイ」と言われますが、傷つきません。なぜなら、mdも同じように感じるのです。

八戸ラーメンって、シンプルに徹したのはわかるのですが、その結果どの店も同じようになってしまい、差別化ができていないです。そもそも、八戸ラーメンは都会によくある「魅せる(?)ラーメン」ではないので、もともと味が地味なだけ、よけいに不利な気もします。

それに、津軽の方からご指摘いただくのもごもっともで、青森のラーメンなら津軽地方が圧倒的に美味しいです。味にパンチがあるですよ、津軽は。八戸ラーメンは、味がモンヤリしているし、スープはもっと熱くていいし、麺ももっと硬くていいかな。

指が問題ではない

ラーメン屋の話でよく「おばちゃんの指がスープに入ったまま差し出された」というのがありますが、この話のポイントは、おばちゃんの指がスープに入っていたことではなく、おばちゃんが指を突っ込んでも大丈夫なぐらい「スープがぬるかった」、というのがポイントです。

指が問題じゃないのです。しかも、スープが熱いなら、かた茹でで出さなければならないです。スープがぬるくて麺が伸びている「八戸ラーメン」は、そもそも基本がなっていないと感じるのですが。

それが「八戸の味なんだ!」と言い張るのは結構ですが、マズイものには「マズイ」というのも郷土愛です。

md的、八戸の美味しいラーメン屋さん

八戸の郊外(市内を除く)にあるラーメン屋さんでおいしいと思うのは

  • 博多屋(あっさり豚骨、ゆで加減を指定できる替え玉システム)
  • 家系家(おなじみのこってり系、もっちり麺)

この2件しかないです。名前からして全然八戸じゃないのですが、誰に、どんなラーメンを、どう食べさせたいのかがハッキリしています。

で、この度、新たに3件目の「md的、八戸の美味しいラーメン屋さん」ができたかも知れません。

「麺屋 やだら」

美味しいラーメン 八戸「麺屋 やだら」

場所:ユニバース下長向かい、10円饅頭屋となり(建物裏にも駐車場あり)

お店に入ると、券売機があるのでそこで食券を購入して注文する仕組み。面白いのは、つけ麺(店内では「ちゅけ麺」)が「1玉、1.5玉、2玉」まで料金均一。女性でも1.5玉はいけると思います。

席は第一カウンターと第2カウンターに分かれていて、それぞれ段差があり、厨房の様子がまるで野球観戦をするかのように眺めるスタイル。ここで感じるメッセージは「みんな!厨房の様子を見てくれ!」とでも言わんばかり。この段階で結構感心してしまいました。なぜなら、他に同じようなお店を知らなかったからです。

麺屋やだら(青森県八戸市のラーメン屋)
第2カウンターから見た様子

カウンター席とは別にテーブル席の並びもあり、こちらからは逆に厨房が見えません。団らんに徹しろということでしょうか。決して広いとは言えない店内で、ここまで配置に気をつかったお店は少ないです。

カウンター席に座ってあたりを見回すと

  • 店内の写真撮影は固くお断り...いたしません!どんどん撮影してください!
  • 愛妻弁当やコンビニ弁当のお持ち込みは固くお断り...いたしておりません!堂々と食べてください!

など、おおよそ普通のラーメン屋には見受けられないルールです。ここから「写真撮ってブログに載せてもいいよ!」とか「ラーメン食べてくれるんだったら、弁当持ち込みぐらい許しちゃう!」といったもメッセージが伝わりますね。お客さまサイドに立たないと、書けない文面です。

こうなるともう、ラーメン屋2.0な感じすらします。

厨房が丸見えなので、店主のダイナミックな湯切りの様子もよく見えます。ラーメンをエンターテインメントととらえると、こういう演出や座席配置になるのでしょう。

下長はラーメン激戦区?

mdが行ったのは11時半頃だったのですが、ラーメンが味わえた頃には、すでに行列ができていました。博多屋、家系家、やだらの3件は、どういうわけかすべて下長地区。八戸の隠れたラーメン激戦区かも知れません。

人それぞれの「美味しいラーメン」

んまぁ、ラーメンは「個人の好き嫌い」がハッキリ分かれるものなので、mdの好みだけで判断できるものではないのも事実です。

でも、この3件はそれぞれ甲乙つけがたい「おもわずリピートしてしまう特長」があり、経営者の方も要チェックだと思います。

ラーメンのマーケティングを考える

たった座席の配置と張り紙だけで、お店からのメッセージをお客さんにも伝えられるという好例。当たり前なのでしょうけど、僕は衝撃を受けました。みなさんはどうでしょうか...

え?、味はどうだったかって?

まずかったら、ブログに書きませんよ(笑)

麺屋やだらの営業情報(2008年11月9日現在)

麺屋やだら(青森県八戸市のおいしいラーメン)
クリックで拡大

場所(アクセスマップ)