エクスカート+Analyticsで「カート落ち(カゴ落ち)」を測定する

 カテゴリ:

エクスカートで、Google Analyticsを使ってアクセス解析している人なら、カート落ち(カゴ落ち)の数を測定できます。

コアなネタなのですが、ぼちぼちアウトプット。

エクスカートで、Google Analyticsを使ってアクセス解析している人なら、いくらなんでもコンバージョンの測定をしているかと思います(想像)

でも、カート落ち(別名カゴ落ち)〜ショッピングカート手続き中に、購入完了までたどり着かずに離脱するユーザーの数〜を把握している人は、どれぐらいいるはわかりませんが、その測定方法のTIPSです。

エクスカートのAnalyticsのurchinTracker

エクスカートは、カート内のそれぞれのページのアクセスにおいて、urchinTrackerで固有の値を吐き出します。例えば、

カートに入れる cart_index
お客さま情報入力 cart_Purchaser
お届け先入力 cart_destination
配送方法指定 cart_delivery
お支払い方法選択 cart_payment
入力内容最終確認 cart_confirm
購入完了 cart_thanks

※他にもまだあります

これをAnalyticsのコンバージョンカウンタで追跡すれば、どの時点で「カート落ち」が発生しているのかがわかります。

エクスカートにおけるAnalyticsの目標達成プロセスの設定方法

例えば、Analyticsの目標設定を以下のように設定します。「cart_thanks 」ではなく、「/cart_thanks 」とするのがポイント。

カート落ちの測定方法

Analyticsの「コンバージョン」→「目標到達プロセス」で見ると、例えばこんな感じで表示されます。カッコ内はアクセス数とすると

カートに入れる(10)

お客さま情報入力(10)

お届け先入力(9)

配送方法指定(8)

お支払い方法選択(8)

最終確認(7)

コンバージョン(6)

数字が下がっているところに、なんらかの問題点があると考えるのが基本です。ページを見直すのももちろんなのですが、サービスそのもの(送料無料、送料一律○○円、クレジットカード決済、コンビニ払いの追加、ポイント発行)なども検討課題になってきます。

エクスカートはga.jsじゃなくてurchin.jsなのがちょっとアレですが(つまり古い)、んまぁ、分析するにはこれでも十分です。個人的には、アクセスを増やすよりもコンバージョンレートを上げた方が、売上が上がると思います。

ネットショップ向けのTIPSですが、この方法を応用すれば、お申し込みフォームで離脱者の数なども把握できますので、コンテンツや運営方法の改善に使えると思います。

ほんじゃね〜(^^)/