小さな勉強会の出席確認などに便利なフォーム

 カテゴリ: 

IWDDさんの申し込みフォームがイイカンジだったので、mdも試してみました。Googleドキュメントのスプレッドシートの「フォーム機能」を使います。

IWDDさんの申し込みフォームがイイカンジだったので、mdも試してみました。作り方は簡単で、Googleドキュメントのスプレッドシートの「フォーム機能」を使います。ドリもFTPもCGIもパーミッション変更も使いません。

このフォームの特長

フォームからの申し込み結果がどんどんスプレッドシート(表計算)のセルに入っていくので、管理がとってもラク!それに、フォームの回答結果をオープンにもできるので、参加者情報などを共有したいときに便利です。

ぜひWDHAでもパクりたいと思います(^^;)
というわけで、設定方法の解説です。

Googleスプレッドシートのフォームを作る手順

こんな感じのフォームを作る手順です。
サンプルフォームを別ウインドウに表示→

1.Googleドキュメントにログイン

Googleドキュメントにログイン(要アカウント、無料)して、「新規作成」から「スプレッドシート」を選びます。

Googleドキュメントから新規作成→スプレッドシートを選択

2.フォームの作成

タブから「フォーム」を選び、「フォームの作成」をクリックします。

スプレッドシートから「フォーム」を選択

3.フォーム内容を作成します

フォームタイトルや解説文章、質問名や補足の文章、質問の形式などを設定していきます。入力が必須の項目には「Make this a required question」にチェックを入れます。

フォーム内容と質問項目を入力
クリックで拡大

フォームができたら「保存」を押します。

保存を押す
クリックで拡大

4.プレビューと送信

この段階で、すでにフォームは完成しています。Gmailを確認するか、プレビューにある「http://spreadsheets.google.com/viewform?...」のリンクをクリックすると、フォームが表示されます。

このフォームの記入者を招待

フォームの記入者を招待

ここにメールアドレスを入れると、フォームへのURLが記入されたメールが送信されます。Gmailの連絡先から選ぶこともできます。

各種設定

ライブフォームの設定

「既存の回答をライブ フォームで他のユーザーに表示します」にチェックを入れると、フォームにアクセスした人全員に、回答の一覧が表示されるようになります。

フォームの入力結果がオープンになる

参加者情報や人数をオープンにしたいときに便利。見えちゃ困るときはチェックを入れないでおきます。

5.フォームを送信して、スプレッドシートに戻ると...

スプレッドシートにフォームの回答結果が自動入力
クリックで拡大

スプレッドシートに、フォームから入力されたデータが入っています。もう表になってるんです。受付で使うチェックシートは、これを印刷すればいいわけです。あ〜ラクちん(^^;

複数の運営者がいるなら、このスプレッドシートを共有するといいでしょう。

メールでは教えてくれないっぽい

メールで申し込みがあったことを通知してくれないのがアレですが、申込者数を表示するガジェットがあるので、iGoogleから申込数を把握できます。

iGoogleのガジェット(スプレッドシートフォーム)

番外編:iPod Touchでチェックするとどうなるか?

このフォーム、申し込みがあったのに、メールが送信されないのがなんともアレですよね。だって、申し込みに気がつかないかもしれないじゃないすか。

なので、試しにiPod TouchでiGoogleを表示させてみますと、こんな感じ。ちゃんとガジェットにフォーム名と参加者数が表示されています。うーん、まぁいいか(^^;

iPod Touch、iPhoneでiGoogleのガジェットを表示

上のガジェットからフォーム名をタップすると、スプレッドシートが表示されます。iPhoneでも表示されるでしょうから、出先でのチェックも一応OKですな。

iPod Touch、iPhoneでGoogleスプレッドシートを表示

以上です

お試しあれ〜〜(^^)