日本語文章校正ツール

 カテゴリ:

ウェブデザイナーとか言っておいて、「ウェブはテキストが最強だ説」を唱えるmdです。デザインや手法、企画なども大事ですが、最強なのはテキストのような気がしているのはmdだけ?

ウェブデザイナーとか言っておいて、「ウェブはテキストが最強だ説」を唱えるmdです。デザインや手法、企画なども大事ですが、最強なのはテキストのような気がしているのはmdだけ?(^^;

というのも、最近ウェブデザインだけでなく、ウェブに書かれる文章のライティングも兼ねた仕事をしています。

お客さまの文章なのでちゃんと書かないといけないわけですが、これがなかなか難しい。長すぎても短すぎてもダメ。難解な言葉もダメ。訴求力まで考えると、テキストとデザインは密接に関係している。だから、テキストをいじるとデザインも変わる。

テキスト最強説を唱えながら、自分のテキストがダメダメなワナ。

そんなテキストライターも兼ねるなんでもWeb屋(イヤな言い方^^;)にオススメなのがこちら。

日本語文章校正ツール(無料)

あなたが書いたニホンゴの、ミョーだと思われる部分を指摘してくれます。もちろん完璧ではありませんが、mdみたいにSOHOで一人でやっていると、他にチェックしてくれる人もいないので、ひとりもんには嬉しいサービスです。

例:うちのサイトの文章をチェックする

例えば、うちのサイトにある実際のウリ文章(訴求力イマイチ)をチェックしてみます。

studio mdが制作を手がけるホームページは、全てウェブ標準、アクセシビリティへの配慮、サイト内SEO、Ajaxライブラリの採用などの「最新の実装」が標準で含まれています。また、メールフォームCGI組み込み、アクセス解析設置といった、部分的な作業も行っております。

一見(センスは別にして※1)文章自体には問題がないように思います。これを「日本語文章校正ツール」でチェックすると...

日本語文章校正ツールの出力結果 クリックで拡大

「全て」ではなく「すべて」と書いた方が望ましいと表示されました。

「その時」とか「所」などは意図的にひらがなで書くようにはしていましたが、うーん、言われてみれば、そんな気がしないでもない(二重否定)

マニュアルライクな文章だったら、一度チェックしてみてもいいかも。ただし、感覚的にキャッチーなタイトルだったり、極限まで訴求力を求めた文章って、必ずしも正しい日本語にはならないことがあるかも知れません。

というわけで、mdは100%校正に従いません(^^;)。でも、一人でメールや文章を書いているときに「この文章ってどうよ?」と思ったら、チェックしてみるのも良いかも。

1:ホームページ作成を依頼してくるお客さまは、「ホームページの作り方がわからない」方が多いので、やれXHTMLだCSSだAjaxだって謳ったって、サッパリ伝わらない可能性が高いです。ええ気がついていますスミマセン今度直します(^^;