MTOS 4.15 Beta 5

 カテゴリ:

所用でMT4.15 Beta 5 をインストールしたので、変更点などをメモしておきます。

所用でMTOS 4.15 Beta 5 をインストールしたので、変更点などをメモしておきます。

「設定」のメニューが変わった

MT4.1の設定メニュー MT4.1の設定メニュー

MTOS 4.15 Beta 5の設定メニュー ブログの設定が展開され、ダイレクトにアクセス。
「ツール」というメニューが新設されています。

テンプレートモジュールのキャッシュとサーバーサイドインクルード(SSI)

MTInclude ファンクションタグで読み込むテンプレートモジュールの内容をキャッシュできるそうです。再構築時間の短縮が期待できそうですね。また、SSI(サーバーサイドインクルード)も使えるようになっています。

MTIncludeでのテンプレートモジュールのキャッシュ

テンプレートの編集画面は、より便利に

2008050804.png クリックで拡大

目的のテンプレートのページにたどり着くまでのクリック回数が減り、なかなか便利になりました。ウィジェットも似たような感じ。個人的には、コレが一番ツボかも。

また、テンプレートごとに再構築オプションを選べます。うちもそろそろ部分的にダイナミックパブリシングにしようかなぁ。

デフォルトのテンプレートが変わった

また変わりました(^^;)。「メインページ」のテンプレートで、その違いを見てみましょう。

MT4.1

<MTSetVar name="body_class" value="mt-main-index">
<MTSetVar name="main_template" value="1">
<MTSetVar name="main_index" value="1">
<MTSetVar name="sidebar" value="1">
<MTSetVarBlock name="title"><$MTBlogName encode_html="1"$></MTSetVarBlock>

<$MTInclude module="ヘッダー"$>

<MTEntries>
    <$MTEntryTrackbackData$>
    <$MTInclude module="ブログ記事の概要"$>
</MTEntries>
<div class="content-nav">
    <a href="<$MTLink template="archive_index"$>">アーカイブ</a>
</div>

<$MTInclude module="フッター"$>

MTOS 4.15 Beta 5

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" id="sixapart-standard">
<head>
    <$mt:include module="HTMLヘッダー"$>
    <title><$MTBlogName encode_html="1"$></title>
    <link rel="EditURI" type="application/rsd+xml" title="RSD" href="<$MTLink template="rsd"$>" />
</head>
<body id="<$mt:BlogTemplateSetID$>" class="mt-main-index <$MTVar name="page_layout"$>">
    <div id="container">
        <div id="container-inner">


            <$mt:include module="バナーヘッダー"$>


            <div id="content">
                <div id="content-inner">


                    <div id="alpha">
                        <div id="alpha-inner">
<MTEntries>
                            <mt:ignore><!-- Use the Entry Summary module for each entry published on this page --></mt:ignore>
                            <$mt:include module="ブログ記事の概要"$>
</MTEntries>


                            <div class="content-nav">
                                <a href="<$MTLink template="archive_index"$>">アーカイブ</a>
                            </div>


                        </div>
                    </div>


                    <$MTInclude module="サイドバー"$>


                </div>
            </div>


            <$mt:include module="バナーフッター"$>


        </div>
    </div>
</body>
</html>

やっぱこうだよなぁ。MT4.1のテンプレートだと、Dreamweaver(特にデザインビュー)が使い物にならないです。なのでmdは、MT4.1のテンプレートをわざわざいったん組み立て直して使っていたですよ...あの苦労はなんだったんだ(^^;

また増えたMTタグ

今回は検索結果まわりの強化が中心なのかな?。あまり多くはないのですが、正直、追いつくのがやっとです(^^;

MT4.2に関するリクエスト

「ウェブページの一覧」が、フォルダ機能でフォルダ分けしているにも関わらず、時系列でずらずらっと表示されるのって、ちょっと管理しにくいかな〜。ウェブページが少ないうちはよいのですが、増えてくると目的のページを探すのが大変。

やはりここはツリー表示にしてほしい感。じゃないとほかのCMSに浮気しちゃうYO!(もうしてるけど^^;)