MT4iにAdSense広告を表示する

 カテゴリ:

MTのデータを携帯に表示するMT4iで「モバイル向けAdSense(アドセンス)」表示に対応させてみましたので、ちょっと覚え書き。

別件でMT4iを使う用事があって、バージョンを見たらいつのまにか3が正式リリースしていて、しかも3.0.5になっていました(うちのはベータ3の05b)。せっかくなので、ついでにアップデートしてみました。

あ、ちなみに、MT4iとは、MovableType 4のデータベースからデータを読み込み、文字コードを Shift_JIS に変換、携帯電話向けにレイアウトして出力し、携帯電話に対応させる為のスクリプトです、ハイ。

ベータ3のころから全然いじってなかったMT4iのテンプレート機能ですが、やってみたらそんなに面倒じゃありませんでした。MT4でえっちらおっちらテンプレいじっている人なら、結構簡単です。

さらに「ついで」といってはなんですが、MT4iを「モバイル向けAdSense」にも対応させてみましたので、手順をちょっと覚え書き。

AdSenseからモバイル向けのコードを取得

AdSenceにログインして、「Adsense設定」タブから「モバイル コンテンツ向け AdSense」を選びます。いろいろ聞いてきますので、お好みで選んでいけば良いのですが、MT4iの場合は以下のようにします

  • マークアップ→CHTML
  • サーバーサイドのスクリプト言語→CGI / Perl

MT4i用libファイルの作成とアップロード

テキストエディタを開き、先ほど取得したコードをペーストして、

  • ファイルネーム:Adsense.pl
  • 文字コードをEUC-JP(←重要)
  • 改行コードをLF

で保存し、以下にアップロードします。

(MT4iのフォルダ)/lib/mt4i/

MT4iテンプレートにインクルードを追加する

続いて、MT4iのテンプレートにAdsense.plを呼び出すための命令を好きなところに記述します。

tmpl/mt4i/の中がテンプレートファイルですので、編集したいファイルを開き、広告を表示させたい任意の場所に


<TMPL_VAR NAME="ADSENSE">

と追加します。例えば、トップページにAdSenseを表示させたい場合、(MT4iのフォルダ)/tmpl/mt4i/index.tmpl を開いて、好きな場所に追加します。タグに挟まれてない場所を選ぶと吉。書き込んだら、

  • 文字コードをSHIFT-JIS(←重要)
  • 改行をLF

で保存し、サーバにアップロードします。PCでは表示されませんが、携帯でブラウズすると、AdSense広告が表示されます。DoCoModocomoでもOKよん。

studio md携帯版QRコード
「Blogを表示」を選ぶと、AdSense広告が表示される
(携帯で見てね)

んまぁ、うちの携帯ページって、ほとんど誰も読んでいないので、意味があるかどうかはかなりビミョーですが(^^;