Movable Type4のバージョンアップをサクッとやってみる

 カテゴリ:

MTでなにが大変かって、不意にやってくる「アイツ」。その名は「バージョンアップ」(^^;)。最近はベータ版が先行して公開されるので、「出るぞ出るぞぉ〜」という演出があるからビックリしないですけど、不意に出られると「むっきーっ、この忙しい最中に...」とかって思いません?

MTでなにが大変かって、不意にやってくる「アイツ」。その名は「バージョンアップ」(^^;)。最近はベータ版が先行して公開されるので、「出るぞ出るぞぉ〜」という演出があるからビックリしないですけど、不意に出られると「むっきーっ、この忙しい最中に...」とかって思いません?(mdだけ?)

最近Movable Type 4.01が公開されまして、さっそくmdもアップデートを行いました。その際「Movable Type 4 のバージョンアップ手順」が参考になったので、自分用にメモしときます。

手順(自分用)

詳しくはMovable Type 4 のバージョンアップ手順の通りなんですが。バックアップは各自取っていただくとか、結局は自己責任でってことはご了承の上、MT4.00→MT4.01だとして話をすると、StyleCatcherを使っていないmdの場合(←ココ重要)、現在のMTが

  • アプリケーションディレクトリ:http://hogehoge.jp/mt
  • スタティックディレクトリ:http://hogehoge.jp/mt-static

だとしたら、バージョンアップ版のMTのディレクトリを

  • アプリケーションディレクトリ:http://hogehoge.jp/mt401
  • スタティックディレクトリ:http://hogehoge.jp/mt-static401

にしてアップロード。で、

  • /mt/plugins/のファイルのうち、/mt401/plugins/にないファイル(つまり自分で追加したプラグイン)をコピペ。
  • /mt/mt-config.cgiを、/mt401/mt-config.cgiにコピペ。

さらに、/mt401/mt-config.cgiのファイルを開き

CGIPath http://hogehoge.jp/mt/
StaticWebPath http://hogehoge.jp/mt-static

上記の部分を↓

CGIPath http://hogehoge.jp/mt401/
StaticWebPath http://hogehoge.jp/mt-static401

に直し、保存して/mt401/にアップロード。

ブラウザからhttp://hogehoge.jp/mt401/にアクセスすればOK。ログインするとページ下のバージョンが新しいものに変わります。あ、新しいバージョンでデータベース構成に変更があった場合、ログイン時にデータベースのアップグレードが行われたりすることもあるそうな。

MTへのログインURLが変わるので、ブックマークしている場合は変更しておいたり、前のバージョンのMTは間違って動かないようにパーミッション変更しておくとか、動作確認が取れたら古いバージョンはバッサリ消すとかする。

この方法のイイところは、

  • 旧バージョンのMTのプログラムが残ったり、混在したりしない。
  • ブログデータや設定に手を加えなくて良い。
  • テンプレートやテンプレートのリンク先などもそのまま継承される。
  • ダメだったら前のバージョンに戻しやすい(データベースが更新されたら微妙ですが)

逆に、ダメなところは

  • ログインURLが変わる。
  • 新しいMTをごっそりアップロードするのに時間がかかる。
  • ていうか差分ファイルだけ公開してくれると助かるんですが、いろんな理由からそうはならないんだろうなぁ。

というわけで、以上、自分用メモ。くれぐれもバックアップはちゃんと取りませう。