アップル、Boot Campを発表

 カテゴリ:

2006年4月5日、アップルは本日、IntelベースのMacでWindows XPの利用を可能にする「Boot Camp(ブートキャンプ)」のパブリックベータソフトウェアを発表しました。Microso...

2006年4月5日、アップルは本日、IntelベースのMacでWindows XPの利用を可能にする「Boot Camp(ブートキャンプ)」のパブリックベータソフトウェアを発表しました。Microsoft Windows XPのインストールディスクを持っているユーザは、本日よりダウンロード提供されるBoot Campを使って、IntelベースのMac® にWindows XPをインストールできるようになります。インストールが完了すると、ユーザはコンピュータを再起動してMac OS® XまたはWindows XPのいずれかを立ち上げることができるようになります。(Appleニュースリリース)

そりはつまり、「Win機ではWindowsしか動かないが、インテルMacだったらWindowsもMac OS Xも動く」っちうわけよね。ああお得感、省スペース感ひしひし。そこそこ速いっぽいし、なんつってもApple様のデザインはやっぱりイイっすよ。今までAppleを敵とは思ってなかったDELLやら国内PCメーカーも、もーちょっとデザイナボーなパソコン出さなきゃ?

んまぁ、WinとMacが同時に動かせるわけではないですので、実用面ではちょっとギモンな感じもしますがーーそもそもこの決断が正しいかどうかっつう話もあるんですがーーMac萌えなWindowsユーザーって結構いるんで、オススメしやすくなりますね。

mdはウェブデザインという仕事の特性上、どーしても各ブラウザでのチェックがかかせないんで、やっぱMacとWin、常時2台起動しているパソコンが必要...でも、Boot Campがまともに動くんなら、MacとMacの2台でもよいわけで(物欲)

個人的には、セキュアでウイルスの少ないMacに、Windows経由でドカスカとコンピュータウイルスやらセキュリティホールが入って来なきゃいいかなと(笑)。んまぁ、WindowsからはMac OS Xのボリュームを見ることはできないからOK?

関連記事