iTunesのmp3は音が悪い? その2

 カテゴリ:

AV Watchで、iPodに最適なMP3を作る その2〜 128kbpsでは表現しきれない「16kHzの壁」 〜という記事がありました。うちのエントリの「iTunesのmp3は音が悪い?」のネタの続...

AV Watchで、iPodに最適なMP3を作る その2〜 128kbpsでは表現しきれない「16kHzの壁」 〜という記事がありました。うちのエントリの「iTunesのmp3は音が悪い?」のネタの続きです。

iTunesユーザーから、「128kbpsの音は最低、192kHzとは明らかに音が違うのがわかる」といったメールが多く、iTunesのエンコーダでは160kbpsや192kbpsと、128kbpsとの音質差が大きいことは確かなようだ。

うーん、やっぱり。mdも128kbpsの音の悪さに感づいて、ずっと192kbpsでエンコしてました。おかげでデータがデカい(^^;)

この記事ではまだ結論に至ってませんが、mp3が非可逆圧縮である以上、何かを切り捨てなければならないわけで、音が変わるのはしゃーない。ただ、iTunesのmp3-128kbpsはあんまりだと思う。そんなにAAC使わせたいんでしょうか(笑)

ま、気になる人はApple Losslessとかで録ればいいんですけどね...データはでかいけど。