アップル、iTunes Music Storeを日本で開始

 カテゴリ:

てなわけで、iTunes Music Storeが日本上陸。本当は昨日のうちに記事を書こうと思っていたんですが、iTMS-Jにドハマリして、本日のエントリーとなりました(笑) すでに各ニュースサイトの...

てなわけで、iTunes Music Storeが日本上陸。本当は昨日のうちに記事を書こうと思っていたんですが、iTMS-Jにドハマリして、本日のエントリーとなりました(笑)

すでに各ニュースサイトのお伝えした通りなんですが、一応関連リンクと、md的コメント。

ITmedia
AV Watch
CNET Japan
BCNランキング
その他サイト

mdのコメント

価格面

アメリカでの99セントには及びませんが、他の日本の配信サービスと比較すると、割安感があります。実際、MoraやUSEN、オリコンは、iTMS-Jの発表後に値下げが行われました。iTMSやiPodのマーケットに対して、各レーベルも価格を引き下げざるを得なかったのかな?。まぁ、わかりませんけど、いずれにせよ「iTMS」の影響力はかなりあったのではないかと想像します。

決済方法

クレジットカードのほかにも、「iTunes Music Card」というプリベイトカードが用意されてます。最近のクレジットカードは、セキュアな面で使用をはばかる人も多そうですが、なんとプリベイトカードが準備されていたとは。これなら、買いすぎる事はない(笑)。iTunes Music Cardは、今後各アーティストのスペシャルデザインカードも予定されているそうで、コアなファンのコレクショングッズとしても面白そう。

ちなみに、ワンクリックだと買いすぎてコワイ方は、「設定」から「ストア」をクリックし、「ショッピングカートを使って購入」に切り替えるとOK。しっかし、わざわざカート形式まで用意していたとは恐れ入る。

ギフトカード、アローアンス機能

個人的に、「こりゃイイなぁ」と思ったのはコレ。物理的なカードではなく、音楽好きな友人にポイントをプレゼントするような感じ。1,000円〜20,000円の範囲でコードを発行できる。

また、「アローアンス」は、例えば子供に「月2000円づつ」みたいな感じでチャージできる。使い過ぎなくていいんじゃないでしょうか。

こんな便利なサービスを、ばっちし組み込んでいた音楽配信会社ない。このへんはiTMSはズバ抜けています。

楽曲のファイル形式

案の定、AAC-128kbps。ビットレートを複数から選べるようにできたらベストなんでしょうけど、100万曲もの曲にファイルのバリエーションを揃えるのも大変な話で、金額設定もややこしくなるに違いない。この手のサービスはわかりやすさもウリなわけで、まぁこれでもいいかな。

ラインナップ

やはり、全ての曲があるわけではない。例えば、最近のアーティストで言えば、ケツメイシやORANGE RANGE、スキマスイッチがない。ソニー・ミュージックエンタテインメントがないのはイタイ(交渉中らしい)。松田聖子や中森明菜はあるが、古い曲がない(おそらくレコード会社を移籍したなどの、レーベルの関係?)。

このへんは、iTMS-Jが成功を収め、配信に対する考え方やiTMSの認知度が変わってくれば、新たに参加するレーベルも増えていくでしょう。実際、CHAGE and ASKAは日本人アーティストとして最大級の規模となる376曲(ソロ作品も含む)の提供を発表しています。今後に期待。

意外な楽しみ方?「懐メロ」

iTMSをずらずらとブラウズしてると、結構昔の曲が気になったりします。「おっ!本田美奈子だ!まりーりーん♪」とか(笑)。そういや初日のランキングには、松崎しげるの「愛のメモリー」が入っていた。昔の曲を掘り起こす楽しみもありますね。

Podcast

かなり増えた。イイ感じである。「FM那覇」なんて気になるぢゃない。無料だし(笑)。登録もこれまた簡単で、クリックするだけ。当たり前なんですが、当たり前のことがスムーズにできないソフトのなんと多いことか。Windowsの最高傑作ソフトは、Appleの「iTunes」だったりして...皮肉なことに(笑)