Macintosh復活計画1

 カテゴリ:

♪ダダン ダン ダ ダン!♪ダダン ダン ダ ダン!(music by ターミネーター) 「I'll be back!」。そう言い残し、Mac OS界から姿を消したmd。時は流れ、Mac OS XがT...

♪ダダン ダン ダ ダン!
♪ダダン ダン ダ ダン!
(music by ターミネーター)

「I'll be back!」。そう言い残し、Mac OS界から姿を消したmd。時は流れ、Mac OS XがTigerとなったとき、ヤツは帰ってきた!!

こんにちわ、元Macintoshユーザーのmdです。最後のマシンは、PowerBook G3(233MHz)でした。リンゴが7色もあるとです!。で、そんなこんなで、たいしょくきんなぞ振り込まれたりして、ようやっとMac復活の運びとなった次第である。

Windowsと違い、Macintoshを選ぶのはさほど難しくはない。数が少ないのである。難しいのはむしろ予算との折り合いや、カミさんの説得、子供の予期できないダダこね、近隣の冠婚葬祭の発生率の推測、予想される天変地異への対策、オーバーラン、石川梨華の脱退等である。今の世の中、何が起きても不思議はない。

mdが出せるコミコミ予算だが、きゃぴたるこすとやらんにんぐこすとやいじかんりひなどを査定して、せいぜい36万円と、得意の意味不明な計算で算出。いかんせん今は無職であるから、あんまり「うりゃぁああっっ!」、とか、「とおぉりゃあぁぁっっ!」とかって気合いは御法度。しかもこの予算には、オーディオまわりの新調と、Mac版Dreamweaver+Fireworksのバージョンアップ料金も含まれる。アップルストアで使える予算は、実質30万円以下である。

となると、俄然選択肢は少ない。てなわけで、さっそくアップルストアでの見積を開始した。

mdに必要なMacintoshの条件

  • DreamweaverとFireworksが快適に動く、CPU速度と広いモニタ。
  • 本体だけではなくモニタも必要。CRTは置けないので不可。
  • 以前と違って持ち歩かないので、ノートパソコンである必要はない。
  • Winマシンがあるから、OfficeもバーチャルPCもいらん。すまんなゲイツ君。
  • ことえりのおバカさを知っているので、ATOKは必須であろう
  • プリンタやデジカメなどの周辺機器は、すでにMacintosh対応モデルで固めてある。
  • iPod miniが欲しいが、ぼちぼち容量が増えそうな気がするのと、iTunes携帯が出た時のため、今回は却下と決定。
  • mdは以前Mac版Logicのユーザーだった。いずれ復活するつもりなので、マシンスペックは最低でもPowerPC G5+メモリ1GBぐらいないと苦しい(これでも苦しいかも知れない)

この条件を満たすマシンはどれだろう。以前なら迷わずPowerBookを選んで、よせばいいのに持ち歩いて、要らぬ肩こりになってバンテリンなぞ塗り込んだりしたのだが、今回ノートは却下。残ったマシンで分析する。

  • Mac mini
    一番安く済む。しかしG4である。ドリでガチャガチャやってるうちはいいが、Logicでソフトシンセサイザーを使うときに、きっと困る。mdは以前ノート派だったので、自宅に余っているWin用のキーボードやマウスがない。ADB接続のMac用マウスならあるが、それは今のMacには使えない(笑)。17インチCRTはあるが、ThinkPadのデュアルディスプレイとして使っている。で、Mac miniを買おうとすると、その他備品も相当量買う羽目になる。見積を取ると、iMacと大差ない金額まで膨れあがる。ディスプレイにシネマとかを選んでいる自分も悪いのだが。
  • iMac
    Mac miniコミコミの金額に数万円程度の追加で、G5+RADEON 9600になるのなら悪い話ではない。ていうか良すぎる。Bluetooth内蔵だが、md的にはホイール付き2ボタンマウスを使いたい。しかしワイヤレスオプションにその選択肢はない。まぁ1ボタンマウスはアップルのポリシーであろうから仕方がない。でも、Mac対応のBluetoothホイール付き2ボタンマウスってあるのかいな?。結局有線でUSB接続になったりすると、ワイヤレスの意味がない。あと、オーディオ入出力を光にできないのはちょっと残念だ。テレビチューナーもついてないし。
  • PowerMac G5
    のちのちLogicを使うからには、Dualが一番いいに決まっている。ハイ決定!男のG5 Dual!。と行きたいのだが、いかんせん高すぎる。買えなくはないが、清水の舞台からApple Store Ginzaの袋をパラシュートにして100回ぐらい飛び降りる覚悟が必要である。腰が抜け、死に至る。ていうか、mdの用途でG5 Dual様をペイできるわけがない。いつか金持ちになったら、「あー君きみ、これとシネマの大きいやつ、包んでくれるかな?」とApple Store Ginzaでのたまうんである。うん、そーだ、そーしとけ。

こう見ると、Mac miniではスペックが足りず、PowerMac G5ではダイビング in キヨブタでご臨終であり、備えて戒名まで考えておかないといけない。一番妥当な線はiMacという結論だ。これでiMacのグラボがRADEON 9600でなかったらG5シングルプロセッサと迷ったのだが、よりにもよって、たいそうなグラボを積んでくれたもんである。

てなわけで、ターゲットはiMac 20インチに決定である。明日はさらに、オーディオまわりを考えてみよう。